スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.12.17 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

備忘録(2014.7.6. BUCK−TICK「TOUR 或いはアナーキー」静岡市民文化会館 大ホール)

本当に自由な天使(ゆうたが)


八王子では全然気付いてなかったんですが。

ゆうた、リードコードから解放されてたんだね!
ステージ上をわーいわーいと動き回る姿がまるでドッグランに遊びに来た小型犬のようで…。
だって赤い尻尾も生えてるし。

クルクル回れるの!(‘∀‘)
リードが足に絡まないの!(‘∀‘)
遠くまで走れるの!(‘∀‘)

みたいな喜びに満ちた姿がマジ天使。
かわいくてかっこよくて言葉がでない。


というわけでレポです。
毎度毎度のネタバレです。
テンションおかしいレポです。


 

ゆうた→
左脇の下→右脇腹→左裾へかけて2本の赤いラインが入った黒ジャケット。
襟刳り深い黒のVネックにネックレス。
異素材で太めのストライプになってる細身のパンツ。左腰に赤いバンダナ。
折り返しが赤くなってる黒いショートブーツ。
アンコールでツアーTシャツC。
髪は焦げ茶と少し明るい茶色のツートンで軽く外跳ね。

英彦→
織り目の見えるクタッとした薄手生地の膝丈の黒いジャケットというか羽織物というか。左上腕と太腿高さに赤いライン。裏地は赤い。
インナーは黒い丸首。
細身の黒いパンツにハーフブーツ。
……安定のもさもさ……夏だしちょっと切ろう…

あっちゃん→
八王子と同じかな?
ノースリーブの黒というかチャコールというか光沢のあるカットソー、左肩に羽根飾り&キラキラした縁のついたチャコールっぽいベスト。
ヘビ革みたいな模様でキラキラしたシルバーっぽさもある黒い細身のパンツ。
巻きスカートは赤裏地の黒い無地タイプとレースだけのを2枚重ね。
ヒールのあるエナメルのハーフブーツ。でも正面から見るとゴム長。おしゃれゴム長。
アンコールでベスト・巻きスカートを脱いで、シフォンのような黒い薄い生地のシャツタイプのロングジャケット。
左右の前髪がアシンメトリーなのかな、左側長めで。
登場時にはマラボーを首へ。
小道具たくさん。
帽子はシルクハットとマダム帽みたいな2種、ステッキ、仮面。あと椅子。それからペットボトル。
マラボーは序盤に外してから階段の飾りと化す。

今井→
ノースリーブの黒いライダースベストで、襟の折り返し部分が赤。
裾が長めのフリンジでスカート風。
ミラーボールを黒くしたような細身のパンツにロングブーツ。
登場〜序盤で赤い布を口元隠すように顔に巻く。
アンコールでプロデュースTシャツ。
髪型は初日と変わってなかったかな、焦げ茶のオールバック。

アニィ→
黒生地で銀の縁取りがしてある将校服風の上下。
左上腕に赤い腕章、背中に赤いBUCK-TICK三角ロゴ。
首元にはチーフなのか襟なのかやっぱり赤。
パンツのサイドに銀のライン。


今回は珍しくお揃い感の強い衣装でしたね。
ゆうたから時計回りに、ゆうたと英彦が似ていて(赤いライン)、英彦とあっちゃんが似ていて(赤裏地)、あっちゃんと今井が似ていて(ノースリーブ&パンツの光具合)、今井とアニィが似ている(首元に赤)。
今までも色やデザインに関して前後左右の組み合わせ(除くセンター)で似てることはありましたけどね。
なんかちょっと新鮮でした。

セットに関しては前回見落としがあったようで、序盤は背後のスクリーンに月のクレーターのような枠があった。
それがなくなると長方形のスクリーンが吊ってある。
ドラムセットのバスドラ前にアクリルの板っぽいものが1枚立っていた。
なんだろうね、今井がなんか攻撃でも仕掛けてくるのかな?
今井が水倒して濡らすの防止するとかそういうの?と思っていたけど違うようですね。
もっとちゃんとした理由があるんですね、疎いから詳しく説明できないけど。


「DADA DISCO」
今井のところにあらかじめ椅子が用意。
あれ?座ってたっけ?
でもどう見てもマイクの位置が下過ぎるからやっぱり座るのか。
背後の一番大きな月の枠が左右に開いてあっちゃん登場。
……そうか、そこから登場してたのか。
八王子で気付いたらそこにいたからどこから来たのかと。
このときまで、センターお立ち台上にマイクスタンドがなかったことにすら気づいてなかった。
どうにもセンター部分には意識薄い。

さっそくノリノリゆれゆれなゆうたマジてんs(ry

「SURVIVAL DANCE」
英彦がコーラスしてた!
すっごくキメキメでイキイキとコーラスしてた!
客席を指さしちゃったりして!
ぎゃー!英彦かっこいいーーーーーー!!!
今このときがまさしく超夢パラダイス!ヽ(゚∀゚)ノ

八王子でやってたっけ?
でもコーラスって途中から増えたりするしね。
次回からの楽しみが増えました。
間奏で英彦側前方へ登場。
きゃー!英彦かっこいいーーーーーー!!!

クルクル回って踊るゆうたがマジてん(ry

「Devil’N Angel」
イントロでナマステダンスなあっちゃん。
時を経て「宇宙サーカス」ではあっちゃんロケットに変化。
合わせた手をくねらせるようにして、曲の最後で発射してた。

「ICONOCLASM」
英彦とゆうたが釣りしてた。
なんかどうやら大物だったようで、2人して横を向き足を開いてネックを上下にぎっこんぎっこんと動かしていた。
これがまたちょうど一拍ずつずれていたのがなんだかおもしろかった。

「モンタージュ」
あっちゃんがサーチライトを抱えて自分を照らす。
メンバーも照らすし客席も照ら……眩しいっス!!!!!!
ただでさえ微妙な顔面が、猛烈に眩しくてさどうしょうもない顔になってしまったじゃないよ!!!!!!
暑くないのか、重くないのか、なにより眩しくないのか。
つか、モニター見えてませんよね?
目の前チカチカしてモニター見えてません、みたいな感じでモニターをガン見してましたよね。

「ボードレールで眠れない」
左右に揺れていたゆうた、『別に(それで)かまわないから』の『』のところで右足を後ろへ跳ねるようにちょこんとあげる。
しかもちょっとニコッとして。

ちょこん(ニコッ)

うわああああああゆうたマジて(ry

「ONCE UPON A TIME」
曲の間に歌を口ずさんだり、客席に手を振ってみたり。
(当然ゆうたのことです)

そしてゆうたが前に出てきた!
ゆうたが! 前に! 自由な天(ry

センターお立ち台でえっへん。
いつものように足を開き、少し前屈みで演奏するゆうた。
前屈みで…前……シャツの白い胸元が結構………(限界まで目を皿のようにする)

おそらく今井マイクスタンド側へ行ったのはこのとき。
ああもうなんだろう、なんだろう、この湧き上がってくる感情は。
あえて言葉にするならば「かわい(ry

「LINBO」
おなじみの、右手でぴょこぴょこリズムをとりながら横揺れ腰振りスタート。
くるっとターンしてえっへん。
(当然ゆうたが)

そして再びゆうたが前に出てくる。
2曲続けて! 前に! 自由な(ry
センターお立ち台で弾いて、台の英彦側前方へ降りる。

その間あっちゃんはペットボトルの水を散水。
撒いただけでは飽き足らず、キャップ外したペットボトルの底を股間に押し当てる。
そして歌いながら腰とペットボトルをシェイクシェイク。
ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーな感じに。

「masQue」
「2人のギターの掛け合いを楽しんでください」的な感じの曲紹介でスタート。
椅子を持ち出して腰を掛けるあっちゃん。
マスクをつけたり外したり、しどけなく伸ばした足を閉じたり開いたり組んだり。
表情、動き共にあっちゃんワールド全開。
さすがに見惚れる。
ゆうたを見る余裕なし。

しかし見惚れるあまり、なぜか急にあっちゃんのもみあげが気になってしまった。
右もみあげがすっぱりスッキリしてる。

「世界は闇で満ちている」
中盤までお仕事のないゆうた。
じっと遠くを見つめる姿が凛々しい。
待機するのもゆうたのお仕事です。

個人的には「世界で〜」のあっちゃんが一番鬼気迫る印象を受けた。
サビの部分がつらそうだなぁ、と。
あと全体的にマイクの音が小さいんじゃないかなーという気もし続けていた。


ゆうたが一度ベースを交換したのは「PHANTOM VOLTAIRE」だったか「サタン」だったか「NOT FOUND」だったか(否アップライト)。
とにかくゆうたが渋かっこいい魅力全開のヤツ。

序盤のMCで「今日はせっかくの日曜日に来てくれてありがとうございます」とあっちゃん。


アンコール1:
夢魔
DIABOLO
形而上 流星

ペットボトル片手に出てきたゆうた、ててててーっとステージを横断して上手側花道へ。
目の前を通りすぎるゆうたかわいいー!
先端まで行き、ペットボトル渡したりなんやらしてたけど見ずらかったので出てくるメンバー見てた。
英彦かっこいいー!(゚∀゚)ノシ

「夢魔」
全力で \(´∀`)/ やってきました。

途中で疲れてしまったり、ゆうたの手元が見たくて双眼鏡に持ち直してしまったり、だいたいいつも途中で離脱するんですが。
今日は今世紀最高に気合を入れての \(´∀`)/ 

「DIABOLO」
ゆうたもアップライトに持ち直したし「VICTIMS〜」かなーと思っていたところのコレ。
センターのステージ端まで出てきたあっちゃんが『尖がる尻尾 群がる淑女』のところで左手をお尻へ。
手のひらを上にして手首を立て尻尾に見立てる。
その指先をピコピコ。
最前の女性たちが「え、いいの?」みたいな感じでそっと手に触れる。
もっといいよ、とばかりにさらに手をピコピコさせ触らせるも、『お気の召すまま』の終わりと同時にペッと手を払うw

ステージからはけるとき、階段降りるゆうたと英彦が階段下で鉢合わせ。
どうぞどうぞと両手で英彦に先を譲るゆうた。
それに気付いてるんだか気付いてないんだか、ゆうゆうと手を振りながら去っていく英彦。
ゆうたも一礼して両手を振って去っていく。

アニィはセンターお立ち台でスティックをバウンド……失敗w
2回やってもできない。
くじけずに3回目でうまく跳ねてキャッチできてました。


アンコール2:
STEPPERS
LOVE PARADE
Les Enfants Terribles
NATIONAL MEDIA BOYS

真っ先に出てきたゆうたが下手側花道へ行き撮影会。
今井もスマホ持って出てきて撮影会。
控えめに手を振る自分。
あ、ゆうたが戻ってき………ぴょん!

今井が写真撮ってるのに気付き、ちょうど目の前を通るタイミングでマリオよろしく元気にジャンプするゆうた。
驚きの顔を隠せない今井。
他のメンバーも出揃ってきたので、ペットボトル置きスペースにスマホを片付けながら撮った写真を確認する今井。

どう?どう?なんかいいの撮れた?決定的瞬間撮れた?(゚∀゚)

どうやら撮れた模様です。
今井、笑いを抑えきれません。
後ろ向いたまま笑い、一度は気を取り直してマイク前にスタンバイしても思い出して笑ってしまい、「STEPPERS」イントロのドラムロール始まっても俯いて笑ってた。
よほどすごいものが撮れたのか。
もちろん寿記で公開してくれるよね?期待していいよね?!(゚∀゚)

当のゆうた本人は定位置でニコニコ。


「NATIONAL MEDIA BOYS」
間奏をセンターで弾く今井。
その背後から近寄るゆうた、様子を伺いつつ今井の左側へ行き、足を開いて屈み込んだ姿勢からイタズラっ子のように今井の顔を覗き込む。

もうね、あんなことされたらあっちゃんも舌打ちしたくなりますわ。
そりゃ今井だって「かわいい感じがむかつく」とか言いたくなりますわ。
だって、にっこにこでぴかぴかで、甘え上手でキュートなあああああああああ(´Д`*

ほんの一瞬の出来事だったけど破壊力抜群であああああああああああああ(´Д`*
あああああかわいいいいいいぃいいいぃいぃーーーー!(´Д`*
※今井は完全無視でしたが。

そのまましばし隣で弾いたあと、上手側花道へ。
先に英彦がいたため途中で足を止めてすぐ戻ってくる。
英彦の戻る道を塞いでしまえばいいのに(・ω・)
ぺいっと体当たりしたら簡単に突破できそうだけど。

そのあとは下手側花道へも行き、ステージに戻ってきたあとはと今井マイク前へ。
えへんと自慢げに胸を張って演奏しながら今井マイクにおでこゴチン。

小さいアピールあざといんじゃボケー(*゚Д゚)
かわいいんじゃボケー(*゚Д゚)
見てるこっちはとろけちゃうんじゃボケー(*゚Д゚)
かわいいんじゃボケー(*゚Д゚)

自由な天使のかわいいアピール全開の1曲でした。
最後の最後でお腹いっぱいです(*´з`)

それから今日初めて英彦がセンターお立ち台に上った。
下手側花道へ行っていた英彦が曲の終わり頃に立ち位置へ戻ろうとして、そしたらあっちゃんもお出掛けしてガラ空きだったお立ち台へ。
ちょっと足を止めて客席見渡す。
なんならもっと前へ!あと3歩ほど前へ!!!(´∀`*
とか思ってたらあっちゃんが戻ってきたので場を明け渡す英彦。



ステージからはけるとき、階段降りるゆうたと英彦が階段下で鉢合わせ。
どうぞどうぞと両手で英彦に先を譲るゆうた。
それに気付いてるんだか気付いてないんだか、ゆうゆうと手を振りながら去っていく英彦。
※コピペミスではありません、同じこと2回やってます。

そして階段を降りてきたゆうた。
階段とセンターのお立ち台をつなぐ部分でジャンピング投げキス。
今回はピック撒いたりマイクで挨拶したりはなかったけれど、八王子とは違い元気なジャンプでした。
それはもうTシャツの裾がめくれてしまうくらいのジャンプ。

お(ΦωΦ)な(ΦωΦ)かっ!(ΦωΦ)
み(ΦωΦ)え(ΦωΦ)たっ!(ФωФ)=з


チラッと白いお腹が見えたときの衝撃たるや、この文字の大きさで察してください。
手を振って自由な天使は去っていきました。
そしてアニィはセンターからドラムヘッドを投擲。
今までより小さくなったよね。いつからだろう。


今回はまさかの最前列でした。
BUCK-TICKだけで3度も最前列が来るとは思いもしませんでした。
今井側ブロック、英彦側ブロックときて今回はセンターブロック。
なんかもう、チケットに関する持てる運をすべて使い果たした気がします。
高性能マルチアングル機能付き超高画質ライブDVD(ほぼゆうた固定)を見てるような気分でした。
ありがとうBUCK-TICK。ありがとうチケットぴあ。
ゆうたの笑顔と白いお腹を目に焼き付けておきます。
惜しむらくは英彦の喉仏を満足するほど拝めなかったということです(´・ω・`)




スポンサーサイト

  • 2014.12.17 Wednesday
  • -
  • 07:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 備忘録(2013.1.27. BUCK-TICK『LOVE&MEDIA PORTABLE 会員限定LIVE2013』横浜BLITZ)
    とき (02/02)
  • 備忘録(2013.1.27. BUCK-TICK『LOVE&MEDIA PORTABLE 会員限定LIVE2013』横浜BLITZ)
    さこ太郎 (01/31)
  • 備忘録(2012.12.29. BUCK-TICK『TOUR 夢見る宇宙』日本武道館)
    とき (01/22)
  • 備忘録(2012.12.29. BUCK-TICK『TOUR 夢見る宇宙』日本武道館)
    さこ太郎 (01/22)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    とき (01/24)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    とき (01/24)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    レイン (01/23)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    マイマイ (01/23)
  • 備忘録(BUCK-TICK『go on the"RAZZLE DAZZLE"』日本武道館)
    とき (01/01)
  • 備忘録(BUCK-TICK『go on the"RAZZLE DAZZLE"』日本武道館)
    レイン (12/31)

links

profile

search this site.

sponsored links

しわ

others

mobile

qrcode