スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.12.17 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

備忘録(2014.6.18. BUCK−TICK「TOUR 或いはアナーキー」オリンパスホール八王子)

物販がいろいろ進化していて別次元


数日前から販売開始時間を発表しちゃったりクレジット対応になったあたりから何か起きると思ってましたが、今回の物販は何か違いますね。
ディスプレイは綺麗だし行灯みたいなものもあったし、サンプルが列の隣に置かれているし、お品書きも大きな綺麗な看板で写真付きで出てるし、なんせ配布のフライヤーにグッズのカタログ入ってるし。
というかそもそもHMV先行発売ってあたりから「今回は何か違う!」と思うべきだったんでしょね。
これからもこんな感じがうれしいなー。


いつもそうなんですが、何かしながら曲を聴いていることが多いので歌詞カードをしっかり見ながら曲を聴くという習慣があまりなく、今回も結局歌詞カードを目にしないままでツアー始まってしまいました。
写真は見るんですよ。
あと、『踊るパンダ』というフレーズだけは確認しました。
聴いていて「パンダなわけないよな。これ明らかに空耳だな。本当はなんて言ってんだろ」と思って確認したら本当にパンダで衝撃を受けました。
なので私の中では『SURVIVAL DANCE』は通称『パンダ』です。
八王子までは1時間以上電車にかたかた揺られていくので、アルバムをランダム再生にしてイントロクイズやってました。
いつもよりちょっとだけ曲数多いからですよね、覚えられないのは。
おばちゃんになったからじゃないですよね(震)


というわけでネタバレレポです。
公式がセットリストをアップしてくれるのがあらかじめわかっていたので、そういうところ覚える必要なくなってうれしいですね。
その分他のことをたくさん記憶して……というわけにはいきませんでした。なぜだろう。


 

衣装。

ゆうた→
灰茶というかチャコールというかそんな色のツイードっぽい膝丈ジャケットと胸元開けた白いシャツ。ぶっちゃけシャツ以外は照明でいまいち色がわからない。
黒いパンツにショートブーツ。
ジャケットの左身頃とパンツの正面には赤いライン入り。
シャツの襟元から、チェックと思われる赤い長めのリボンをタイのようにかけていた。
髪の色は落ち着いた焦げ茶。

アンコール2でツアーTシャツBにお着替え…と思ったら、なんか腰回りが…?
ジャケットと同じ生地の短いスカートがパンツとセットだった。
左太腿に赤いラインが入っていて、左側にざっくりとスリット入ってるのも見えた。
膝丈のジャケットかと思っていたら普通丈+スカートでそう見えていただけかも。
「夢見る宇宙」ツアーで英彦が履いていたような「ロックな感じの巻きスカート」ではなく、ギャルソンエプロンみたいなタイトな造作でした。
いいよいいよ、似合うよ似合うよ(´∀`*
イメージに合ったキュートな感じのでいいよ(´∀`*

※追記:今井ブログの写真を見ると、黒い模様入りのチャコールでしたね。
そんでしっかりとプリーツも入ってて結構ちゃんとしたスカートだったw

英彦→
とにかくキラキラ。照明浴びてキラキラ。
最初数曲はスポットらしいスポットが当たらず、衣装の色も形もわかりませんでした。
でもひたすらキラキラしてるのだけはわかった。特に足元。
しかし明るくなってもよくわからなかった。

黒い柔らかい生地にシルバーの太いストライプの膝丈トップス。
これがシャツなのかジャケットなのかわからない。
そこに黒い、同じような生地のロングベストを羽織ってるのかな?
首元にドレープのある、シルバーがかった黒のカットソーのようなインナー。
パンツは細身の黒。
ブーツはアー写のシルバーのハーフブーツ。
髪、髪切ろう。髪。


あっちゃん→
マラボー巻いて登場したのはわかった。
気づいた時にはノースリーブの黒いシャツ&裏地が真紅のロング巻きスカート。もちろんパンツは履いてる。
髪はショートなのかな、あまり長くはなくて後ろになでつけてた。
シルクハットかぶったりステッキ持ったり仮面持ったり。
このへんの小道具はいつもどおり。


今井→
ぱっと見た第一印象はGSなダルメシアン。
でもブチではなく白地に黒の渦巻き?蔦?模様のGS風ジャケットとパンツ。
胸元は黒で、赤い縁取りがしてあった。
白赤黒のダイヤ柄ピエロブーツ。
髪は焦げ茶っぽくショート。きっちり整えてあった。
アンコール2で、左側に色っぽいワンポイントのあるシルクハットをかぶる。


アニィ→
ブロンズのような茶色のような、襟元にドレープのあるジャケットにゴールドのストール?
パンツはジャケットと同じような色でサイドに白っぽいライン入り。
ステージから帰るときしかチェックするチャンスがないので大変です。
相変わらずビンビンです、髪の毛は。



ステージセットはセンターのあっちゃんお立ち台の脇を囲むように、赤白黒のストライプが弧を描いてアニィ&ゆうたのお立ち台へ続く。
後ろのお立ち台も赤白黒のストライプで飾られてる。
背後には大きなLEDスクリーン。
大がかりなセットはなく、シンプルなイメージだった。
あっちゃんのお立ち台の側面には照明が埋め込まれていた。

本日の席は2階の後ろ。
双眼鏡を駆使しつつ、どんなノリのライブになるのかなーと視察のような気分で見てました。



「DADA DISCO」
インダストリアルな映像とSEから続く1曲目はやっぱりこれだった。
盛り上がった、けどなんか単調に始まった印象が否めない。
予想していたよりも音がスカスカに聴こえた気がした。
ステージ上は薄暗いし、もうちょっとパッと派手にやっていいんじゃないかなぁ、と。

「SURVIVAL DANCE」
えええっ、もうさっそく?!な反応多かった気がするパンダさん。
なんというか、曲の派手さの割のステージ上はおとなしかったよね。
でもまだまだ初日だし!
この先は英彦がパンダを探すことくらいのことしてくれるよね!

1曲目と2曲目の間だったか、パンダさんの間奏前だったか、あっちゃんが「ハッピーバースデー星野英彦!」って手で英彦を指し示していた。
そうね、2日遅れたけどそうだったね…(失念)

「宇宙サーカス」
歌の入りを間違えるあっちゃん。

♪うちゅうさーかーす♪「えっ?」という雰囲気が会場中を覆った瞬間でした。

「NOT FOUND」
ベースかっこいいのに、曲もかっこいいのに、なぜか動きがかわいいゆうた。
「ゆうたがかわいい」はデフォなのでもう口走らないほうがいいんだろうか、私。

「ONCE UPON A TIME」
「Devil’N Angel」
なんだかんだで盛り上がる曲はこれなのか?とライブに来て思った。


アルバム外の曲は「ICONOCLASM」「モンタージュ」「LINBO」

「LINBO」のイントロであっちゃんが謎の糸巻き巻き系のダンス。
ゆうたはぐるんぐるん回る。
軽快にクルクルじゃなく、ぐるーんぐるーん。


アンコール1:
VICTIMS OF LOVE with黒色すみれ
月蝕
NATIONAL MEDIA BOYS

出てくるときに、下手の端に向かうゆうた。
端のほうにいた男性にペットボトルを手渡し、がっちりと握手。
そのまま上手の途中まで流れタッチ。
最後でお尻をぴょこんと突き出して叩かれてた。
結構な勢いで叩かれてたw

「NATIONAL MEDIA BOYS」
間奏に入る直前にセンターお立ち台の端へ移動した今井。
センターのモニター前で歌うあっちゃん。
「さぁそろそろ間奏なので今井がセンターで弾くはず。俺はこの場を撤退」とばかりに間奏入った途端に後ろに下がろうとし、想像していたより近くにいたのか今井の姿にびっくりしてたあっちゃん、かわいい。
その背後からこっそりセンターに降りてきたゆうた。
後ろに下がったあっちゃんの脇を通って今井の背後に近づいて左肩口にスリスリ。
その後は、お立ち台の英彦側に降りて演奏。



アンコール2:
STEPPERS
LOVE PARADE
夢魔
形而上 流星

登場するなり今井側で客席撮影するゆうた…を背後から撮影する今井。
ブログアップが楽しみです。
ゆうたは立ち位置戻ってからも撮影するも、それに気づいてんだか気付いてないんだか(きっと気付いてない)な英彦が前をすーっと通過。
ゆうたブログの写真にちらっと写り込んでる横顔はきっとソレw

「あー、Tシャツに着替えてきた」と思っていたら、ゆうたのお尻回りがなんか…違和感?
双眼鏡で確認したら「なんと!」だった。
前にどっかの本で八木氏が「キャラにあった衣装とか着せてみたい」的な話をしていた記憶があるので、八木氏にはもっとそこに力を注いでいただきたい。
2013DIQのクリスマスカラーライダースもかわいかったしー♪(*´ω`*)


帰りはセンターでピックを撒き、今井マイクスタンドあたりでささやかに投げキスをしただけ。
ゆうたもアニィも挨拶はなし。
あざとき言われたの気にしてるのか、ゆうた(´・ω・`)

ゆうたの「あざとい」=「ファンが喜ぶツボを賢く押さえてる」だから心配しなくていいんだよ!
ねっねっねっ?!そうだよね?!そうなんだよ!



ライブはすごく楽しかった。

だけどなんだろう、いまいち記憶に残らないというか。
スクリーンに映った映像に目を奪われてしまってステージ上を見逃していたり、黙々と演奏しているゆうたを双眼鏡で見ている間に曲が終わっていたり。
英彦の衣装がどうなってるのか必死に双眼鏡で確認しているうちに曲が終わってしまっていたり。
(完全に自己責任)

メンバーもまだ初日で大人しいというか様子見という感じだったのかな、とも。
英彦も今井もあまりあちこち動いてないし、本編にはそういう曲が多くなかったからかもしれないけど。

さて、次は静岡です。
楽しんでまいります!


スポンサーサイト

  • 2014.12.17 Wednesday
  • -
  • 02:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 備忘録(2013.1.27. BUCK-TICK『LOVE&MEDIA PORTABLE 会員限定LIVE2013』横浜BLITZ)
    とき (02/02)
  • 備忘録(2013.1.27. BUCK-TICK『LOVE&MEDIA PORTABLE 会員限定LIVE2013』横浜BLITZ)
    さこ太郎 (01/31)
  • 備忘録(2012.12.29. BUCK-TICK『TOUR 夢見る宇宙』日本武道館)
    とき (01/22)
  • 備忘録(2012.12.29. BUCK-TICK『TOUR 夢見る宇宙』日本武道館)
    さこ太郎 (01/22)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    とき (01/24)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    とき (01/24)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    レイン (01/23)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    マイマイ (01/23)
  • 備忘録(BUCK-TICK『go on the"RAZZLE DAZZLE"』日本武道館)
    とき (01/01)
  • 備忘録(BUCK-TICK『go on the"RAZZLE DAZZLE"』日本武道館)
    レイン (12/31)

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode