備忘録(2012.7.7. BUCK-TICK『TOUR PARADE 2012』Zepp DiverCity2日目)

結局ガンダム見逃したっていうね。


番号が遅かったのでのんびり行ったところ、思ったより駅から遠いこともあり、あっという間に入場番号呼ばれてしまったのでガンダムがどこにいるのか分からずじまいでした。

それよりもりんかい線の中で子供が食べたい食べたいと口走っていた「キョロちゃんのアイス」なるものはどんなものなのか非常に気になりました。
結局わからずじまいだったけど。



ツアー最終日にしてはサックリとした内容に仕上がっておりますが、そこんところは、まぁ、勘弁してください(笑)





【衣装】
ゆうた→白いヘチマ襟&白カフスの黒スーツ。
左サイドの髪がさらに伸びていたのは気のせいだろうか。
アンコールで黒のコラボTシャツ。
ツアー最終日だから?メイク濃い目の猫目仕様になっていた。
ナチュラルでいいのに……そのままの目の大きさで十分なのに……。

英彦→安全ピンもっさりジャケット。

あっちゃん→白っぽい上着であったことは確認できた。
そして気付いたら黒フレアシャツ&赤ベストになっていた。
髪はハーフアップに。かっこいい。

今井→紺のシャツにパイナップルのような頭。
アンコールで白のコラボTシャツ。

アニィ→赤い25thバージョン衣装。

あっちゃんと今井の髪型が変わった以外はつまるところ仙台と一緒。


今日は番号もよろしくなかったので、適当に入り込めた中盤ゾーンの端っこで大人しく見ていました。
早い話が英彦・ゆうたゾーンの視界だけ確実に確保してあとは随時視界の調整をする、って感じで。
周囲にはデランジェファンの人も多かったです。
掛け持ちファンの人が多いからっていうのもあるんでしょうが、「BUCK-TICKのTシャツ着てるけどデランジェの振りも完璧」みたいな人の姿もちらほら見られましたね。
個人的には哲さんのパワーヒッターぶりに目が釘付けでした。
そしてちょいとお茶目なところにも(笑)


そしてBUCK-TICK。
前方ブロックがギューッと圧縮されていく様子を「急にコレをやられたら前では何が起きたかわからないうちに流されるわ」と思いつつ眺めながらの「Theme of B-T」
驚くほどにキュートなリズムを刻むゆうたの動きがやっぱり不思議で目が離せません。
そういう理由がなくとも目が離せませんが。

「独壇場Beauty」
始まってすぐにあっちゃんが歌うのを止め、戸惑うようにゆうたと英彦も演奏を止める。
ん?とちった?そんなふうじゃなかったけど???と思っていたら「落ち着いて」とのあっちゃんの声が。
そこで今井側で将棋倒し的なことが起きたことを把握。
ステージ向かって左半分の様子はほぼ見えませんですので、さらにその下の様子などなおさら見えるはずもなく。
「慌てないで」「ゆっくり立ち上がろう」と小学校の避難訓練よろしくの指示を出すあっちゃん。
心配そうにじわじわと距離を詰めていく英彦とゆうた。
あまり大事にはならずに事態は収まったようで一安心。
英彦とゆうたも立ち位置に戻り、英彦はセンター付近で右手を軽く上げて「落ち着いて、落ち着いてねー」というようなジェスチャー。

あっちゃんの「どこからやりなおそうか」で独壇場リスタート。
エリーゼからでもよかったのに(´ε`)

「Django!!!」
せっかくのゆうたの間奏ベースソロ、ゆうたがステージ降りて前に出てきてしまって行方を見失っていたために見ることができなかった……(´・ω・`)
さらにいつもの元気にお手手あげて♪1,2,3♪のカウントは、英彦側にあっちゃんが来ていたため一時的に前の人の頭でゆうたロードを塞がれたため、これまた見ることができず……orz
ああああああああああもう……悔しすぎてテンションがた落ちだよ……。

「天使は誰だ」
やたらとマイク前に出ていた英彦、最後のコーラスを完全放棄。
あーあ。

ゆうたがピック咥えてイヤモニ直していたのはどの曲だっただろう。

「DIABOLO」
曲の終盤で客席前方の頭上にキラキラとカットした銀テープが降ってきた。
帰り際、Tシャツの腕にそれを貼り付かせたまま帰る人の姿をたくさん見かけた。

アンコール:
「ICONOCLASM」
「新曲」
「National Media Boy」
「Baby,I want you」

出てくるなり今井側で携帯を構えるゆうた。
その背後を通って出てきた英彦、ゆうたがレンズを向けている方向を気にしつつセンターに向かい、水とウーロン茶?のペットボトルを両手に持ち「こっち?こっち?」と何度か客席に見せていた。
こっち?と手を軽く上げるたびに体重移動させてポーズ取ってる姿が猛烈におかしいんだが(笑)
その様子をしっかり激写してるゆうたは偉いと思います。

「ICONOCLASM」
人質取ったので、とステージに引き出されるKyoさん。
BUCK-TICK ver.のアイコノを2人で披露。

「新曲」
よくわかんなかったんだけど「Climax Together」でいいの?
なんだか猛烈にジャニーズの幻(横アリスタンド2階まで届くリフト込み)が見えるような曲でした。
コーラス練習しましょう、なノリにはちょっとついていけずポカーン(゚Д゚)となった。

「National〜」
こっちだったと思うけど、ゆうたが英彦側に出てきてくれた。
センター付近で先に立っていた英彦の背後に近づき、気付いた英彦が振り向いて半歩ずれて避ける。
よろしくない気配を感じたんだろうか。
そして去っていく英彦を笑いながら見送るゆうたがかわいすぎて悶絶。

英彦がピック吹き飛ばしをやったのはNationalだったかBabyだったか……。

最後はゆうたが英彦マイクで「ありがとう、感謝してます!」&ジャンピング投げキス。
しかしこれも、Djangoでゆうたロードを遮った前の人の手に遮られ、肝心のゆうた本体が見えず……orz
狙ったようにピンポイントでその2回だけ視界を遮られたのよね。
それ以外は全く何事もなかったのに!

よりによってライブの一番楽しみにしてるところを……orz


というわけで、最後の最後にさらにテンション下がるという切ない幕切れでツアー最終日を終えました。




それから初体験のzepp DiverCityについて。

あの規模で地下って退場きつくないか?
いかんせん出口が狭い。
しかもその横にドリンクカウンターがあるので列がカオス。
扉出たら階段上る人と立ち止まってアンケート書く人でムギューとなってる。
もう少し動線考えたほうがいいんじゃなかろうか。
階段に関しては、渋谷リキッドルームに比べたらかわいいもんだと思いますが。



そして次のライブは10月からのツアーです。
その前に謎のアニィ誕生日ライブが企画されているとのことで、それが取れればそこかなー。


スポンサーサイト

  • 2018.10.20 Saturday
  • -
  • 23:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 備忘録(2013.1.27. BUCK-TICK『LOVE&MEDIA PORTABLE 会員限定LIVE2013』横浜BLITZ)
    とき (02/02)
  • 備忘録(2013.1.27. BUCK-TICK『LOVE&MEDIA PORTABLE 会員限定LIVE2013』横浜BLITZ)
    さこ太郎 (01/31)
  • 備忘録(2012.12.29. BUCK-TICK『TOUR 夢見る宇宙』日本武道館)
    とき (01/22)
  • 備忘録(2012.12.29. BUCK-TICK『TOUR 夢見る宇宙』日本武道館)
    さこ太郎 (01/22)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    とき (01/24)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    とき (01/24)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    レイン (01/23)
  • 備忘録(BUCK-TICK『FISH TANKer's ONLY2011』横浜BLITZ)
    マイマイ (01/23)
  • 備忘録(BUCK-TICK『go on the"RAZZLE DAZZLE"』日本武道館)
    とき (01/01)
  • 備忘録(BUCK-TICK『go on the"RAZZLE DAZZLE"』日本武道館)
    レイン (12/31)

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode